ブレーメン(ドイツ):ヴェーザー川沿いの街の見どころ

post-title

ブレーメンの見どころ、主なモニュメントやローランドの像、市庁舎、大聖堂、マーケット広場などの名所を含む1日の旅程。


観光情報

ブレーメンは、ヴェーザー川の河口から約60 km、ブレーマーハーフェンの港から約60 kmの場所にあり、ドイツ連邦共和国の最小の連邦国家であるブレーメンの地を形成し、787年にシャルルマーニュによって設立されました。 。

中世にはかなりの経済的重要性に達し、市の自治権を獲得し、ハンザ同盟の一部でした。


1646年、30年戦争中に起こったスウェーデンとの戦争の後、ブレーメンは自由都市の地位を獲得しました。

第二次世界大戦中、今日では国内で2番目に重要な海上商業港となった都市と港は、爆撃により深刻な被害を受けました。

何を見る

ブレーメンの最も有名なモニュメントは、マーケット広場にある市庁舎とローランドの像です。


15世紀初頭にゴシック様式で建てられた市庁舎は、17世紀初頭に「ヴェーザーのルネッサンス」と呼ばれるスタイルに改装されました。

20世紀には、新市庁舎と呼ばれる新しい建物が古い建物に追加されました。

これらのモニュメントは、神聖ローマ帝国時代に達成された市民の自治と市場の自由の象徴です。


市庁舎の外には、グリム兄弟のおとぎ話に触発された有名なブレーメンタウンミュージシャンの像があり、ロバ、犬、猫、オンドリで構成されています。

歴史的中心部にあるストラーダデイボッタイは、街の主要なアトラクションの1つです。

推奨読書
  • ドレスデン(ドイツ):見どころ
  • オクトーバーフェスト(ドイツ):ミュンヘンのビールフェスティバル
  • シュトゥットガルト(ドイツ):見どころ
  • ハンブルク(ドイツ):主要港の見どころ
  • ホーエンフルヒ(ドイツ):見どころ

この通りは、マルクトシュトラッセ、またはヴェーザー川沿いの道路、マルクトプラッツ、つまりマーケット広場につながっています。市庁舎に加えて、ゴシック様式で建てられた強力な建物であるサンピエトロ大聖堂も見渡せます前のロマネスク様式の教会。

古いブレーメンの最も絵のように美しい地区の1つである、狭い通りと古い家の間にある特徴的な店でいっぱいのシュノールを訪れます。

タグ: ドイツ
Top