聖書の詩sal

詩編76:完全、解説

解説 – 詩sal76は、おそらくコレラの流行のためにエルサレムを包囲したアッシリア軍の敗北後に書かれました。ユダヤ全体が46の都市が征服されたのを見た人々の歓喜に参加し、現れた神のおかげで信仰が至る所で目覚め、起こった出来事の前向きな進化で自分自身を認識させ、イスラエルのすべてが偉大である名前。 詩編76編[1]合唱団マスターへ。琴の弦楽器で。詩篇。アサフカント。...

詩編62:完全、解説

解説 – 詩編62の著者は、おそらくレビ人と考えられていますが、困難に直面しても強く、神だけが彼の魂に与えることができる平和であることによって彼の秘密を示しています。神への愛のための犠牲のしぐさとしてすべてが神の命令で起こらなければならないことを知らずに、他の男性が最大の弱さの瞬間にイエスに対して急いで行ったのと同じように、彼に正当に襲いかかることを憎む邪悪な者に力強く演説する「人類。 ...

詩編6:完全、解説

解説 – 詩編6は、生涯の多くの苦しみの中で祈りとして現れます。詩編作者は自分の罪を認めますが、神の無限の慈悲を望みます。 詩編6の完成[1]合唱団マスターへ。弦楽器用。第八。詩篇。ディダビデ。 [2]主よ、あなたのinりで私を罰せず、あなたの怒りで私を懲らしめないでください。 [3]主をmercれんでください、私は失敗しています。主よ、私を癒してください。私の骨は震えています。...

詩編20:完全、解説

解説 – 詩編第20編では、詩編作者が結び付けられている王へのあいさつの祈りの形で、神が自分自身を見つけた困難から抜け出すために、神から天の聖域または天から彼の民の頭に来る助けについて話します全能の主の助けに感謝します。 詩編20編[1]合唱団マスターへ。詩篇。ディダビデ。 [2]主が試練の日にあなたの声を聞いて、ヤコブの神の名を守ってください。...

詩編73:完全、解説

解説 – 詩編73で、著者は、邪悪な者と慢な者が富を蓄積する繁栄の期間を経験し、正しいことは非常に悪い状態にあるという認識に直面して直面する困難を示しています。詩編作者は、彼らがうらやましいと認め、彼の信仰は、神が義人ではないことをほとんど疑っていました。このすべてに対する反応は、不確実性を脇に置いて、信仰を持ち続けることです。 ...

詩編2:完全、解説

解説 – 神への信仰に溢れた詩編2の著者は、地の権力者と愚かに従う者によって行われた、神に対する不条理な闘争の誤りと態度を強調しています。 詩編2の完成[1]人々が無駄に人々を共謀するので、なぜ人々は共謀しますか? [2]地球の王たちが立ち上がり、君主たちは主とそのメシアに反して一緒になります。 [3]「私たちは彼らの鎖を破り、彼らの絆を捨てます。」...

詩編35:完全、解説

解説 – 詩編35は、法廷に持ち込まれた罪のない者に対する告発者から身を守るための主への呼びかけで始まります。感じられた大きな痛みに対する反応は非常に強いものの、これはキリストへの祈りの暗唱から省かれています。なぜなら、それは敵に対するtowardsりの考えによって汚染されているからです。 詩編35完成[1]デビッド。主よ、私を非難する裁判官、私と戦う人々と戦ってください。...

詩sal 147:完全、解説

解説 – 詩sal147では、作者は賛美を求めて、主に賛美を歌うのは良いことであると述べ、この行動で信仰に満ち、彼の摂理と正義に含まれていると感じるように意図しています。賛美とは、愛と彼への帰還を意味します。彼の言葉は信仰をもって受け入れられ、聖霊の賜物のおかげで理解されます。 ...

詩編125:完全、解説

解説 – 詩編125では、著者は、主の約束の結果としてエルサレムを代表するシオンの山の安定性を確信しています。 完全な詩125125[1]アセンションの歌。主を信頼する者はだれでもシオンの山のようです。彼は揺らぐことなく、永遠に安定しています。 [2]山はエルサレムを取り囲んでいます。主は彼の民の周りに今も永遠にいます。...

Top