スペイン:トレド、アンダルシア、マドリード間の旅行物語


post-title

スペインの旅行物語、見た主な興味のある場所を含む旅程、トレド、カスティーリャ、アンダルシアの街、マドリードに立ち寄ります。


旅行物語

夏に、7月の終わりから8月の初めにかけて、妻と私はスペインの中央南部、正確にはアンダルシアとカスティーリャに休暇をとることにしました。

インターネット、ホテル、フライト、レンタカー、観光客にとって重要な場所への訪問を介してすべてを予約しました。


フライトについては、アリタリアがミラノに停車し、マドリッドと接続する飛行機を変更してピサ空港を出発しました。

優れた飛行、晴天、飛行機からの素晴らしい写真。マドリードのバラハス空港に着陸し、荷物を収集し、空港の入り口の前の道路を渡って、エイビスで予約したレンタカーに乗り、旅の最初の区間であるトレドに向かう高速道路に乗りました。

トレド

市内中心部から数メートルの場所にあるホテルに到着し、一晩予約した後、部屋にバッグを入れ、午後遅くにピンクの雰囲気の丘の上にあるこの絵のように美しい町の通りを歩いて出かけました。小さなシエナ。


アルカサルに数分で到着し、そこからカメル・デル・コメルシオに沿って、スペインで最も美しいモニュメントの1つと考えられている塔と大聖堂の複合体を収容する町の主要広場である大聖堂広場に到着しました。

典型的なスペイン料理のパイエラのある小さなレストランで夕食をとりました。

翌朝、プエルタ・ビエハ・デ・ビサグラとホスピタル・デ・タベラが位置する都市の北部への主要な玄関口であるプエルタ・デル・ソルをパノラマで見学しました。


トレドの西部にはトランセト通りがあり、サントメ教会、サンタマリアラブランカ教会、サンフアンデロスレイエス教会などの重要な宗教建築物の存在を訪れる価値があります。シナゴーグ。

コンスエグラの工場

午後には、グラナダに向けてコンスエグラに立ち寄り、有名な風車を見ました。これは、セルバンテスのラマンチャの小説ドンキホーテで説明されている戦闘のシナリオを構成しています。

推奨読書
  • スペイン:トレド、アンダルシア、マドリード間の旅行物語
  • バルセロナ(スペイン):カタルーニャの首都の見どころ
  • プエルトデラクルーズ(テネリフェ島):見どころ
  • バレアレス諸島(スペイン):役に立つ情報
  • フォルメンテラ島(スペイン):バレアレス諸島の見どころ

非常に特徴的なのは、製粉所が位置する丘の周りの風景です。これにより、視線は無限の距離をさまよいます。

グラナダ

夕方、グラナダに到着し、中心部近くで予約された素晴らしい素晴らしいホテルに落ち着きました。

徒歩10分でホテルを出た後、絵のように美しい通りに沿って中心部に到着し、アルハンブラ宮殿に感心しました。

夕方の雰囲気は非常に示唆に富み、多くの代表的なクラブの中から私たちが食事をする場所を選びました。夕食後にフラメンコショー、典型的なスペインのダンスが予定されています。

翌朝、予想通り、私たちはアルハンブラ宮殿を訪問しました。

最初はスルタンの住居であり、パラッツォコマーレス、パラッツォデイレオーニ、ラヴェラと呼ばれる要塞化された地域で構成されています。

私たちは博物館と庭園を訪れましたが、幸いなことにインターネットでチケットを予約していました。そうでなければ、チェックアウトで列に並ばなければならなかったでしょう。


午後に、代わりに、一連の狭い通りと小さな広場で構成されるグラナダの典型的なアラブ地区であるアルバシンに行きました。そこから、アルハンブラとグラナダの壮大な概要を見ることができます。

セビリア

グラナダを出た後、次のホテルを予約したセビリアに向かいました。

プエンテデトリアナの頂上にあるグアダルキビルから街への訪問を開始しました。そこから、壮大なプラザデトロスデラレアルマエストランサデカバレリアにすぐにアクセスできます。セビリアは雄牛と闘牛士の首都であると。

近くには、マエストランザ劇場、カリダッド病院、多数の展示会が開催されるモネダ邸があります。

近所への訪問を終えるために、私たちは現在海軍博物館として使用されている古代の建物であるトーレ・デ・ロロを訪問しました。

非常に美しいのは、大モスクの遺跡の上にあり、カトリック世界最大の規模を誇る大聖堂です。


中にはクリストファー・コロンブスの墓がありました。

大聖堂の隣には博物館、パティオデッリアランチがあります。ここでは、モスクの残骸を見ることができます。ヒラルダの塔では、市内全体を一望できます。

大聖堂のすぐ近くに、美しい庭園に囲まれた古代の王室の住居であるアルカサルに感心しました。

昼休み頃、有名な近所のBarrio de Santa Cruzに到着し、そこで典型的なタパス、それらの部分で広く使われている特徴的なスナックを味わいました。

午後、ピラトの家に行きました。

マリアルイーザ公園内にある広場、大聖堂とアルカサルは、見逃せない場所の1つです。

コルドバ

翌日、午後遅くにマドリードに到着してセビリアを出発し、アンダルシアで2番目に大きい都市と考えられるコルドバに立ち寄りました。

以前はアラブ人に征服されていましたが、通りや広場の配置に同じ建築上の痕跡が保存されています。

しかし、コルドバに立ち寄ることが推奨される都市の本当の魅力はモスクです。

これは、長さ179メートル、幅128メートルの印象的な建物で、アラブ人によって建てられ、後に教会に改装されました。

内部には複数の大理石の柱があり、白い石と赤レンガのアーチでつながれています。これは半影と組み合わされて、無限に広がる効果があります。

称賛に値するのは、中央エリアの聖歌隊と主要な礼拝堂です。右側には、豪華な装飾が施されたビリャビシオサ礼拝堂があります。


また、祈りのニッチとケブラも気に入りました。

93メートルに達し、ギリシャローマ様式の鐘楼も非常に美しいです。

マドリード

午後はマドリードに向かいます。

大都市であるにも関わらず、私たちはすぐに、自分たちは非常によく見つけたと言っています。

ホテルは4つ星ホテルで、王宮と中心部の近くのプリンシペピオと呼ばれる地下鉄駅のエリアに予約されていました。

王宮への訪問は非常に興味深いものでした。

王宮は、1734年に火事で破壊されたアルカサル城の遺跡に18世紀にブルボンによって建てられました。

その中には2000以上の部屋がありますが、そのうち公開されている部屋はわずか300です。

1931年までスペイン王室の公邸でしたが、現在は国が所有しており、国王が公式のレセプションにのみ使用しています。

形は正方形で、白い石と花崗岩で構成されています。

周囲には、北と西のファサードの高さの違いを隠すように設計されたサバティーニ庭園とカンポデルモロ、1850年に建てられ、彫像で彩られたロイヤルシアターのファサードがあるオリエンテ広場もあります西ゴート族の王とフィリップ4世の騎馬像。

訪問のもう1つの興味深い場所は、マヨール広場で、毎週日曜日に切手市場が開催されます。


アーケードの下には、多数のお土産店やバーがあります。

昔、闘牛と競馬がこの広場で行われ、演劇、公演、さまざまな王の宣言が行われました。

しかし、さらに美しい訪問はプラド国立博物館の訪問でした。プラド国立博物館は、そこに含まれる絵画や芸術作品が豊富な世界で最も重要な美術館の1つです。

1819年に発足し、約8600の絵画と600の彫刻、多数のドローイングと貴重なオブジェクトで構成される王室コレクションは、王室が破壊された、またはすでに所有している王朝の教会、修道院、王朝の作品で構成されています。

現在の作品のほとんどは、さまざまな王に代わって行われました。

ドンキホーテに捧げられた記念碑が際立っているスペイン階段も一見の価値があります。

【スペイン????????旅行】世界遺産アルハンブラ宮殿② グラナダを訪れずしてスペインを語るなかれ!【Part 4】 (七月 2024)


タグ: スペイン
Top