クアラルンプール(マレーシア):首都の見どころ


post-title

マレーシアの首都で見るべきもの、さまざまな文化が融合するこの多民族都市の主要なモニュメントや興味のある場所を含む旅程。


観光情報

クアラルンプールは人口密度の高い大都市であり、1857年に、クラン川とゴンバク川の合流点にあるジャングル池の近くの沼地にいる中国人鉱山労働者のグループによって設立されました。このため、クアラルンプールという名前が選ばれました。これは、泥の合流を意味します。

主にマレーシア人、中国人、インド人の住民の文化の多様性は、この都市に多民族の都市的側面を与えており、大胆な高層ビルや大きなショッピングセンター、中国地区が位置する古い部分を含む近代的な西洋スタイルの部分、寺院、モスク。


ペトロナスタワーは高さ452メートルの2つのツインタワーで、高さ171メートルで橋で連結されているため、あるタワーから別のタワーに移動できます。

ペトロナスの石油会社によって建てられたタワーには、名前が付けられ、さまざまなオフィス、劇場、図書館、豪華なショッピングセンターがあります。

通信用のメナラタワーは、高さ421メートルのタワーで、ペトロナスタワーとともにクアラルンプールのシンボルと見なされています。


地上282メートルの内部には、回転式のダイニングルームがあり、街全体を360度見渡すことができます。

何を見る

1957年8月31日にイギリス政府によって独立が宣言されたため、ムルデカスクエアはマレーシア全土にとって意味のある広場です。

全国パレードが開催されるこの場所には、マレーシアの情報通信文化省の本拠地である歴史的なスルタンアブドゥルサマドの建物があります。


クアラルンプール国立モスク(マスジッドネガラ)は非常に大きな建物で、1965年に教会が建てられた場所に建てられました。

複合施設の屋根は、開いた傘のアイデアに触発されており、全体の構造はイスラム教のさまざまなシンボルを思い起こさせます。

推奨読書
  • クアラルンプール(マレーシア):首都の見どころ
  • マレーシア:役立つ情報

建物は、美しい噴水に反映された繁栄する植物に囲まれています。

市の中心部には、1911年に発足した古いムーア様式の鉄道駅があり、北はバターワース、南はシンガポールから電車を受け取ります。

1980年に復元されたこの駅は、近代的な中央駅によって市内の主要な交通ハブとして置き換えられました。

レイクガーデンはクアラルンプール最大の公共庭園で、マレーシア国立博物館の近くにあります。

英国植民地時代に発足したこの公園は、鳥、蘭、ハイビスカス、蝶、鹿などのアトラクションがいっぱいの非常に広いエリアをカバーする複雑な庭園で構成されています。

【マレーシア】首都クアラルンプール!行ってみたらスゴかった♪ Kuala Lumpur,Malaysia (七月 2024)


タグ: マレーシア
Top