ヘルシンキ(フィンランド):首都の見どころ


post-title

ヘルシンスキーの見どころ、スオメンリンナ、中央駅、国立博物館などの主要なモニュメントや興味のある場所を含む旅程。


観光情報

ヘルシンキは、フィンランドの主要な商業の中心地であり、小さな半島に位置し、バルト海に囲まれた3つの側面があり、スオメンリンナ要塞などの小島に囲まれています。

1550年にグスタボヴァーサによってバンダ川のほとりに設立され、その後1640年に現在の場所に移転しました。


フィンランドの首都、北の白い真珠としても知られるヘルシンキは、海に囲まれた都市であり、本土に接続するさまざまな橋があり、季節の変化とともに外観が変化し、色が大きな魅力をもたらします。

ヘルシンキの中心部は元老院広場を中心に発展し、主に新古典主義の建物が含まれています。

何を見る

ヘルシンキを訪れる主な場所は、ウスペンスキ正教会、旧上院セナティントリ、大学、Havis Amandaの像があるカウッパトリマーケット広場、国立現代美術館、キアズマ、オペラ、教会です。カンッピとエスプラナーディ通りの近代的な中心であるテンペリアウキオンキルッコの岩から削り出されました。


カレヴァンカトゥにあるトルニホテルの13階にあるカフェのテラスからは息をのむようなパノラマが見えます。この通りは、ストックマンの近くのマンネルハイミンティーやヨーロッパ最大と考えられているデパートと交差する通りです。

ヘルシンキでは、中央駅やフィンランドと呼ばれるコンサートハウスなどの近代建築の例にも感心できます。

スウェーデン占領時に要塞化され完全に保存されたスオメンリンナ島を訪れるのは非常に興味深いことです。そこでは、それを主要な観光名所の1つにしている洗練された防衛システムに感心することができます。


買い物をするのが好きな人にとって、理想はエスプラネードに移動することです。エスプラネードは、商店街が緑豊かな通りや庭に囲まれている商業エリアです。

北欧のおとぎ話を訪れる人は、伝統的なライフスタイルをテーマにした野外博物館であるセウラサーリを訪れることをお勧めします。

推奨読書
  • ヘルシンキ(フィンランド):首都の見どころ
  • フィンランド:役立つ情報
  • オーランド(フィンランド):島の見どころ
  • タンペレ(フィンランド):見どころ
  • ロバニエミ:サンタクロースの街の見どころ

快適な橋と定期的な旅客フェリーで本土に接続された多くの島と小島からなる、全体と複雑さで観察されるさらなる魅力を構成する景観の重要性を忘れてはなりません。

ヘルシンキの風景は、この都市の主要な魅力の1つです。

まず第一に、この都市が多数の小さな島に広がっているのを見るという事実は、多数の連絡橋とフェリーサービスのおかげで非常に特別なものになっています。

緑豊かな植生が広がる夏の期間と、完全に白塗りの寒いが常に魅力的な冬の期間との間で、風景は大きく変わります。

ヘルシンキの気候は冬は非常に寒く、気温が20度を超えない夏には決して暑くないことに注意してください。

ヘルシンキでは、この都市の中心部は北極圏の外側にありますが、白い夜、つまり完全に夜になることはなく、年間を通して数週間繰り返される現象によって引き起こされる刺激的な風景を賞賛することもできます。

6月21日前後に約15日間発生する恒久的な黄wiであり、その間、太陽は地平線のすぐ下にとどまり、空を完全に暗くすることはありません。


主な経済活動の中でも、繊維、紙、家具、海軍、砂糖産業、ヘルシンキを訪れる蒸留所が際立っています。

物価が高いフィンランド・ヘルシンキの街を探検!食べたものまとめ (七月 2024)


タグ: フィンランド
Top