トラーニ(プーリア):見どころ


post-title

トラーニで見たいもの、シュヴァーベン城、ロマネスク様式の大聖堂、オグニッサンティ教会、馬車博物館などの主要なモニュメントや興味のある場所を含む旅程。


観光情報

42キロ離れたバーリ県に位置するトラニは、3世紀から4世紀に生まれ、9世紀にカノーザが破壊された後に発展しました。

市の海事活動は、ビザンチンとノルマンの支配下で、さらに大きな意味で、シュヴァーベンの支配下で新たな推進力を発見しました。


トラーニの最も古い部分は、小さな半島にあり、ヘリングボーン構造を有する典型的なノルマン都市ファブリックを特徴とします。

サンジャコモのロマネスク様式の教会には、驚くべき彫刻が施されたポータルがあります。

シュヴァーベンの城は、フレデリック2世のために1233年から1249年にかけて建てられた印象的な四角い塊であり、その後に修正が加えられました。


何を見る

プーリアロマネスク様式の最大の例の1つである大聖堂は、7世紀に遡るサンレウチョの地下墓地、12世紀のサンニコラの地下室、7世紀のサンタマリアデッラスカラ教会によって形成され、そして、上部教会から。

ファサードはロゼットを備え、顕著ポータルは、1179年にトラーニマスターからBarisanoにより、ブロンズのドアになりました。

59メートルの高鐘楼、以下のパスが大きなアーチであり、それはまた、非常に3つの突出後陣が面白いです。


内部は3つの身廊があり、その28本の大理石の柱とサン・ニコラの暗号を入力する入り口です。

近所の様々な建築部品や彫刻が保存されている宝石細工を備え、教区博物館に収容されepiscopeは、あります。

推奨読書
  • トラーニ(プーリア):見どころ
  • プーリア:日曜日の日帰り旅行
  • マンフレドニア(プーリア):見どころ
  • ヴィエステ(プーリア):見どころ
  • アルタムラ(プーリア):見どころ

15世紀のパラッツォカチェッタは、ゴシック様式の印象的な建物のように見え、四角形の形をした玄関のある中庭の周りに開発されました。

12世紀前半にまで遡るオニサンティ教会は、柱と柱に支えられた二重の柱廊を特徴とする二重柱廊を特徴としており、見事な3つの刻まれたポータルの前室を構成しています。

アントナッチ宮殿にある馬車博物館では、40台の馬車に感心することができます。

12世紀の終わりにさかのぼるサンフランチェスコ教会は、軸の聖なるドーム型の建物の興味深い例です。一方、1000年に建てられたサンタンドレアの教会は、中央の計画と半球のドームを持っています。

イタリアの建築 かんたん解説 中世編 (七月 2024)


タグ: プーリア
Top