サンレモ(リグーリア):見どころ


post-title

サンレモの見どころ、ドゥオーモ、エロイサンレメシ広場、ラピニャ、マドンナデッラコスタサンクチュアリ、パラッツォボレアダルモ、考古学博物館、フラワーマーケット、市営カジノなどの主要なモニュメントや興味のある場所を含む観光旅程


観光情報

カーボベルデとカポネロの間にあるリビエラディポネンテのリグーリアに位置するサンレモは、花の栽培とイタリアの歌祭で観光の観点からも国際的にも有名な有名な海辺のリゾートです。 。

先史時代にさかのぼるこの地域での最初の人間の居住地で、サンレモは確かにローマ時代にすでに存在していました。


中世にはジェノヴァ教会に属し、1200年代の終わりにドリアとマリ家に売却しました。

後にサンレモは自由自治体となり、1815年にサボイ王国に併合されました。

主なモニュメントには、1200年に初期の教会の上に建てられたドゥオーモがあります。


高い鐘楼がサンシーロ大聖堂を支配し、多くの芸術作品が内部に保存されています。

大聖堂の横には中世の洗礼堂があり、1600年に改装されました。

その隣には12世紀のレクトリーがあり、顕著な回廊の存在を特徴としています。正面には16世紀の無原罪懐胎のオラトリーがあります。


少し離れたところにあるのは、市場が開かれ、町の最も古い部分が始まる場所であるピエロデッリエロイサンレメシです。ピニャと呼ばれ、小さな中世の街並みが特徴です。

近隣の支配的な位置にあるのは、17世紀に遡るマドンナデッラコスタの聖域です。

推奨読書
  • サンレモ(リグーリア):見どころ
  • リグーリア:日曜日の日帰り旅行
  • ガリナーラ(リグーリア):島の見どころ
  • ノーリ(リグーリア):見どころ
  • ラ・スペツィア(リグーリア):見どころ

何を見る

15世紀に遡るが後に改造されたパラッツォボレアオルモには、バロック様式の興味深いファサードがあり、彫刻に支配された2つの驚くべき門があります。

内部には先史時代とローマ時代の発見物が展示されている市民考古学博物館があります。

近くには、フラワーマーケットと市のカジノがあります。1904年から1906年にかけて、重要な都市イベントの開催地であるエウジェニオフェレットによって建てられたアールヌーボー様式の建物です。

続いて、ロシア皇后マリア・アレクサンドロヴィーナの滞在に続いて1874年に建てられた、ロシア教会のある海岸沿いのエレガントな道路、コルソインペラトリーチェに到着します。

コンサートは多くの場合、講堂を備えたマルサリア公園で開催されます。

Corso Cavallottiには、広大な庭園を含むComunale邸と、有名な科学者が住んでいないアルフレッドノーベル邸があります。

この場所から、コルソトレントと示唆に富む歩行者用の遊歩道であるトリエステが始まります。


コルソマッテオッティにはアリストン劇場があり、毎年イタリアの歌のサンレモフェスティバルが開催されています。

近くの8 kmにあるブッサナヴェッキアは、1887年の地震により破壊された古代の村ですが、イタリアや外国の芸術家によって再建されました。

エクスカーションの中でも注目に値するのは、中心部から約24 kmにある古代の村、バイアルドにあるものです。ここには、バイニアルド宮殿、サンニコロ教会の遺跡、サングレゴリオの小さな教会に住んでいた。

7 kmにあるセリアナは、元の都市のレイアウトをよく保存している興味深い中世の村です。

12 km先にあり、ケーブルカーでもアクセスできるモンテビグノーネは、海岸や後背地に向かう素晴らしいパノラマを楽しむための刺激的な場所です。

インペリア県 (七月 2024)


タグ: リグーリア州
Top