ピティリアーノ(トスカーナ):見どころ

post-title

ピティリアーノの見どころ、共和国広場、ドゥオーモ、オルシーニ宮殿、メディチ水道など、主要なモニュメントや興味のある場所を含む旅程。


観光情報

メレタ川とレンテ川の合流点の凝灰岩に位置するピティリアーノは、主に農業経済が特徴の町であり、ブドウ畑と地元のワイン生産が多く存在します。

過去には、最初にエトルリア人、次にローマ人で、1100年にアルドブランデスキの下、1200年末にオルシーニの下を通り、郡の首都として選ばれました。


オルシーニ家が消滅すると、ピティリアーノはピエロストロッツィとコジモデイメディチの支配下に入り、17世紀にトスカーナ大公国に併合されました。

ペトルッチョリ広場には要塞の防波堤があり、レプブリカ広場には壮大なオルシーニ宮殿があり、14世紀に遡り、その後200年で変容しました。

オルシーニ宮博物館は、1989年に設立された教区の博物館であり、教区内にあるさまざまな教会の絵画、像、神聖なオブジェクトの膨大なコレクションを収集する神聖な芸術に捧げられています。


何を見る

魅力的な中世の村を越えて、バロック様式のファサードを備えた建物であるグレゴリオ7世広場に到着します。

聖具室には、ギドッチョ・コッツァレリによる、天使と聖人の顕著なマドンナと子供がいます。

アントニオ・ダ・サンガッロ・ザ・ヤンガーの計画によると、メディチ水道の建設工事は16世紀に開始され、都市のより良い水供給を得るためのオルシーニの望みに従いました。


作品の建設は、ピティリアーノの居住中心部と3つの川が横切る谷との間に非常に急な傾斜があった領土の特性により、非常に困難でした。

作品は1639年にメディチによって完成されましたが、次の世紀には、小さなアーチの建設で終わった改修工事を行ったのはロレーヌ人でした。

推奨読書
  • アルティミノ(トスカーナ):見どころ
  • サンガルガーノ(トスカーナ):見どころ
  • ポッジボンシ(トスカーナ):見どころ
  • カスティリオーネディガルファニャーナ(トスカーナ):見どころ
  • トスカーナ:日曜日の日帰り旅行

近くの9 kmにあるソラノは、オルシーニによって建てられた壁と15世紀の要塞がある中世の村です。

ツアーには、約28 km離れたサトゥルニアへのツアーをお勧めします。このツアーでは、15世紀の型枠の遺跡や、エトルリア以前、ローマ、シエナの壁の遺跡を見ることができます。

遠くない、約7 km離れた有名なテルメディサトゥルニアは、森に囲まれた素晴らしい場所にあります。

トスカーナ穴場スポット「LUCCA]ルッカの町は、城壁で囲まれた中世の町 (八月 2021)


タグ: トスカーナ
Top