モーリシャス(マスカレーヌ):島の見どころ

post-title

モーリシャスで見るべきもの、同じ名前の群島の主要な島での彼の休日の経験について私たちの読者の一人が共有する旅行物語からの旅程、マスカレーネに地理的に含まれ、インド洋に浸かった。


旅行物語

私はポール・ジャン・トゥーレットの詩にとても感銘を受け、すぐにマスカレーヌの真珠であるモーリシャスで休暇を過ごすために出発するように確信しました。

間違いなく私を残した魔法のフレーズは次のとおりでした:「主が水の上に置きたかった庭、モーリシャスは海が歌い鳥が休む場所です。」


モーリシャス共和国は、マダガスカルの東、インド洋、およびマスカレーネ諸島の一部に位置する天国と考えられています。

手付かずの自然に囲まれたこの島は、白い砂でできたビーチがあり、青い結晶の海を見渡せます。

すでに飛行機の窓から、私はすぐに現実になった素晴らしい感覚を持っていました。


実際、地面を降りるとすぐに、ヤシの木、ブーゲンビリア、ハイビスカス、バナナの木、その他の熱帯の花の種でできた豊かな植物に没頭しました。

さらに、鬱forestとした森は、きらめく滝のある小川と、魚や植物の見事でカラフルな標本が生息する海の温かい水とが交差しています。

火山性の島であるこの島は、下り坂が急な南部を除いて、海岸に向かって緩やかに傾斜している中央台地によって形成されていると物理的に説明することができます。


何を見る

モーリシャスでは、美しい海水浴を楽しんだり、暖かい太陽の下で日焼けしたりすることに加えて、山や多くの滝への遠足もできました。

さらに、パンプルムースの植物園も訪れました。

推奨読書
  • モーリシャス(マスカレーヌ):島の見どころ
  • モーリシャス(インド洋):役に立つ情報
  • モルディブ(インド洋):役に立つ情報
  • セイシェル(インド洋):役に立つ情報
  • ザンジバル(タンザニア):列島の見どころ

島の首都ポートルイスでは、植民地時代の建築物の代表例である政府宮殿、地元の農民や職人が製品を販売する市場であるバザール、充実した図書館を含む市立博物館、ジャンマンモスクを訪問しました、内部には図書館、コーランの学校、霊usがあります。

タグ: インド洋
Top