アーチ:国立公園の見どころ


post-title

近くを通り過ぎる人が訪れるのにふさわしい想像力豊かなシナリオで、素晴らしいアーチとセメントで覆われた砂の城の中で、アーチーズ国立公園で見るもの


アーチーズ国立公園

ユタ州東部の海抜1200〜1700メートルに位置するアーチーズ国立公園は、1929年以来296平方キロメートルの面積をカバーする保護地域であり、1971年に国立公園を宣言しました。

その名前は、赤い砂岩の侵食によって刻まれた窓、尖塔、塔、ドームなどの示唆に富むシナリオを作成する多数のアーチに由来しています。


アーチーズ国立公園は、コロラドチェーンとコロラド高原と呼ばれる大規模なネバダ盆地の間に発達する赤い岩でできた半砂漠地帯の一部を覆っています。

風が作用して大きな砂漠を作るために、厚さ約100メートルの一連の砂堆積物が堆積し、その後固まりました。

砂岩はほぼ完全に純粋な石英で形成されており、酸化鉄の浸透によってセメント化が行われ、それが素材に特徴的な赤色を与えました。


純粋な石英で構成されている砂粒は、侵食剤による攻撃が困難です。

それどころか、セメントは大気中の物質の攻撃に対して敏感です。

したがって、アーチーズ国立公園で見ることができる並外れた美しさの正体は、岩石の差別化された劣化によるものです。


この公園の最も特殊な形態の中で、巨大な砂岩の円形劇場の端にあるランドスケープアーチに言及する価値があります。

ある程度の浸食はまだありますが、これはほとんど感知できない形でレリーフに作用し、現在の崩壊は主に強い温度範囲によるものです。

推奨読書
  • カリフォルニア(アメリカ合衆国):見どころ
  • アイオワ州(アメリカ合衆国):第29州で見るもの
  • アーチ:国立公園の見どころ
  • アリゾナ州(アメリカ合衆国):グランドキャニオンの状態で見るもの
  • ノースカロライナ州:街と大西洋岸の間にあるもの

過去において現在とは非常に異なっていた時間と気候の作用は、素晴らしい景観を作り出すことに貢献しました。

世界遺産ヨセミテ国立公園とセコイア国立公園、灼熱のデスバレー3日間 (七月 2024)


タグ: アメリカ
Top