アマルフィ(カンパニア):見どころ


post-title

アマルフィの見どころ、サンタンドレア大聖堂、市民博物館、アマルフィテーブル、市立図書館など、主要なモニュメントや興味のある場所を含む旅程。


観光情報

アマルフィはサレルノ県のアマルフィ海岸に位置する町で、一般的に穏やかな冬と蒸し暑い夏の地中海風の気候が特徴です。

起源はローマ時代にまで遡り、アマルフィは839年に最初のイタリアの海上共和国になりました。


9世紀に始まって、地中海の支配権を獲得するために、他の海上の共和国、ピサ、ベネチア、ジェノヴァと競争を始めました。

最大の輝きに達した後、1131年からノルマン人に征服され、数年後にピサンに略奪され、急速に衰退し始めました。

アマルフィ大聖堂
アマルフィを訪れる場所の中で、アマルフィ海岸は同名のドゥオーモ広場にある大聖堂にふさわしい。


9世紀にさかのぼり、街の守護聖人に捧げられたサンタンドレア大聖堂は、アラブシチリアスタイルです。

古代の大聖堂は2つで、それぞれ3つの身廊があり、そのうち1つは1000年にマンソーン公によって建てられた古い大聖堂であり、2つ目は9世紀に大きな寸法と翼廊で建てられました。

13世紀の最初の部分では、2つの部分が5つの身廊のある単一の教会に統合され、次の世紀には、現在の外観にさらに拡張と変更が加えられました。


現在のファサードは、19世紀にエンリコアルヴィーノによって建設されたもので、以前の崩壊の可能性がありましたが、新ゴシック様式で、鐘楼、楽園の回廊、十字架の礼拝堂を結ぶ廊下があります。

また、1066年にコンスタンチノープルで溶けたモザイク装飾と青銅の門があり、その上のルネットにはドメニコモレッリとパオロヴェトリのフレスコ画があり、2つの外側の1つには12番目の鐘楼があります世紀、後に改造され、ダブルランセットとトリプルランセットトップで構成されました。上部はアラビア風で、屋根は緑と黄色のマジョリカタイルでできています。

推奨読書
  • サプリ(カンパニア):見どころ
  • カンパニア州:日曜日の日帰り旅行
  • アマルフィ(カンパニア):見どころ
  • アッチャロリ(カンパニア):見どころ
  • Teano(カンパニア):見どころ

バロック様式に作り直された大聖堂の内部は、翼廊と後陣の計画を特徴とし、コミットされた大理石と古代の柱で覆われています。

内部では、地下室、十字架の礼拝堂、楽園の回廊が見られるに値します。

通路の天井には格間があります。

主なバロック式の祭壇には、アマルフィの守護聖人である漁師と船乗りの聖アンドリューを描いた大きなキャンバスがあります。

別の祭壇には、現代の塗られた木製の十字架像があり、礼拝堂には、ゴシックとルネッサンスの芸術作品があります。

何を見る

アマルフィ紙博物館
アマルフィ紙博物館はもともと製紙工場で、1969年に最も有名なアマルフィ家の1人であるオーナーのニコラミラノの欲求によって博物館として使用されました。

市の中心部にある博物館には、古い製紙工場で手動で紙を作るために使用されていた、完全に機能する機械と設備が復元されています。


さらに、上階には、紙の生産のすべての段階を記録する写真の美しい展示があります。短いガイド付きツアーに参加して、アマルフィ紙の生産を目の当たりにすることができます。

アマルフィテーブル
シビックミュージアムにはアマルフィテーブルが表示され、海上共和国の交通を規制するための参照として使用される海上コードが報告されています。

サンアントニオ教会
サンタントニオの教会、修道院、回廊の複合体は、1220年にさかのぼります。

回廊は非常にシンプルなフランシスカン様式で建てられていますが、17世紀に改装された単一の身廊を持つ教会は、内部に木製の聖歌隊と高祭壇に置かれたキャンバスに絵が描かれたバロック様式です18世紀の絵画は、小さな祭壇と、無原罪懐胎のサンフランチェスコのサンアントニオのものを含むさまざまな彫像に置かれました。

市立図書館
市立図書館は歴史的中心部の近くにあり、そこには興味深い本や写本が保管されており、海の共和国の最大の素晴らしさを物語っています。

アマルフィ海岸旅行ガイド | エクスペディア (七月 2024)


タグ: カンパニア
Top